Gメータ

走行中の車両がスピードを落とすために、ブレーキをかけたときの減速加速度を測定するための測定器です。
ブレーキおよびその関連試験用に適しています。

減速加速度は大型メータでモニタできるとともに、 電圧でも出力できます。
運転者がメータを、フロントガラスなどの見やすい箇所に取り付けられるように、吸盤付きメータ支持機構を採用しています。

本メータは、検出部(ひずみゲージ式加速度センサ)、その出力を増幅するコンディショナおよび指示メータで構成されています。



特徴

メータの指針は、運転者が体感する減速感と同様な振れ方をする。
大型メータ採用により、読み取りやすい。
メータはバックライト照明付きのため、夜間使用も可能。
電圧出力もあるので、波形で記録可能。

取り付け例はこちら>>>