長距離アナログ信号通信

本器は、移動体に搭載した通信機によりアナログ信号を送信し、固定側で受信にアナログ信号として出力する送信機です。
移動体上の各種アナログ信号のモニタをワイヤレスで行うことが可能です。
また、固定側からの非常停止信号等のデジタル信号も最高4点まで送信可能です。



特徴

移動体用の機器は、小型軽量に設計されており、電源もDC12Vで動作するので、バッテリ−等で動作させる事が可能です。

無線モデムと、制御ユニットが別ユニットで構成されているので、通信距離等により最適なSS無線モデムと組み合わせが可能です。(直接拡散型、周波数ホッピング型)

長距離通信タイプのモデムと、高感度アンテナにより最長2kmの無線通信が可能です。

制御ユニットと無線モデムの間のインタフェ−スは、RS-232Cまたは、RS-422に対応可能なため、固定側はアンテナ設置場所と離れた場所にアナログ出力部を配置することも可能です。

同様な構成で、デジタル入出力信号を通信する装置も製作可能です。
   処理信号は、16CHのアナログ信号とともに以下の信号通信が可能です。
   移動体から固定側へ  アナログ信号 16点
   固定側から移動体へ  デジタル信号 4点 
   それぞれの信号を約0.1秒毎に1回の速度で伝送します。


仕様はこちら>>>
ブロック図・接続イメージはこちら>>>